ホットヨガウェア通販

ホットヨガウェア通販※人と差が付くオシャレなウエア

ホットヨガウェア通販を厳選して紹介しています。ホットヨガを始めるなら必要となるホットヨガウェアは他の人とかぶりがちです。人と差が付くようなおしゃれなホットヨガウェアをみつけましょう。

ホットヨガウエアはどんな物がいいのか

ホットヨガを体験してみればわかると思いますが、ホットヨガは専用のウェアがあった方がいいです。
私もホットヨガ初体験の時は、ハーフパンツとTシャツで行きました。
高温多湿の場所で行うホットヨガは座っているだけで汗がでてきます。そして動き始めると更に汗が大量に出てきて、Tシャツが肌にくっついてしまい凄く動きにくかったです。雨に濡れてTシャツが肌にくっつく状態です。ですから、最後は気持ち悪いとさえ思えてきました。また、いつもは使わないような筋肉を動かすので、体が自由自在に動かせる伸縮性のある素材じゃないと思うように体を動かすことができません

 

どんな服装がいいのかというと水着のようなものです。水の中に入っても違和感ないですし速乾性もあります。あんな素材のヨガウェアが通販で購入することができます。一度きりの体験でしたら、ハーフパンツとTシャツで十分かと思いますが、ホットヨガに通うのでしたら専用のウェアを購入しましょう。
断然、動きが違ってくること間違いないです。

BOD YARTSHOP

BOD YARTSHOPは扱っているヨガ・フィットネスウ ェアブランドが『G─FIT』、『RealStone』と人気ブランドとなります。特に直営店ならではのトップスはおしゃれなデザインの物が多いので見逃せません。種類は少ないですが、素材もテンセル素材など軽い素材を使用しているので動きもスムーズです。

キレイズム

キレイズムは、健康、エクササイズ、フィットネス器具を 幅広く取り扱っています。ヨガウェアも手ごろな価格で肌に馴染みやすいものが多いので汗を大量にかくホットヨガにはおすすめです。シンプルなウェアが多いので何枚かまとめて購入してその日の気分で色を決めてもいいですね。

ホットヨガとは?

ホットヨガとは、筋肉が柔らかなるといわれる室温が38〜39℃で湿度を60〜65%に設定して行うヨガの事です。

 

温度を38〜39℃にするのは、人間の筋肉がもっとも柔らかなるという温度なので、体が柔らかくなりそして怪我もしにくくなるのです。通常の筋肉は大体36.5℃で硬くこの状態でいきなり動くと筋繊維が切れやすい状態です。この状態で、初めてヨガをすると翌日体全体が痛くなるなるのは筋肉が切れていることからなんだそうです。

 

また湿度は人間が快適と感じるが60%くらいだそうです。その設定がしてあるため気分良くヨガを行う事が出来ると言う訳です。これよりも低いと汗をかくのが蒸発についていけなくなり乾燥してしまい逆にこれより高くなると汗をかいても蒸発できないので気持ち悪くなってしまうのです。

 

ホットヨガの良いところは、汗をかくことです。現代社会では、体を動かす事が減っていて汗をかく機械も減っていますが、汗は体の老廃物を出して体を綺麗にして疲れを癒すための体の作用なのでしっかり汗はかいたほうが良いと言えます。

ヨガとホットヨガは何が違うの?

ヨガとホットヨガの違いは簡単に言えばヨガは通常の常温でするもので、ホットヨガは温度と湿度を高めに設定してインドの気候に合わせたというコンセプトの元行うヨガの事です。常温の場所でするか、ゆるめのサウナでヨガをするかの違いのようなものです。

 

効果は、やはりホットヨガの方が筋肉や関節がもっとも柔らかくなる温度と湿度で行っているのでヨガ本来の難しいポーズもとりやすくなりますし、怪我などの対策としても良いようです。通常のヨガよりも汗の量も多く出るのでダイエットを目的としたり大量に汗をかくので体の老廃物も排泄されてデットクス効果も期待出来るようです。

 

出すべき汗を出せないでいる運動不足の現代人にとって解毒作用は、便秘冷え性、むくみや肩凝り、生理痛や肌荒れなどの改善にも効果があるようです。
これからの夏場なら、窓を閉め切るだけでも高温多湿の部屋を作るのも簡単なので自宅でホットヨガも楽しめそうです。

 

そして、ホットヨガはデトックス効果があって脂肪燃焼効果も常温よりあるのですが高温、高湿なので出来るポーズに限りがあるのです。その点では、常温ヨガの方が筋肉量を上げられるので、ホットヨガでダイエットしたら通常ヨガで美しい体のラインを作るなどの方法も良さそうです。

 

服装選びの参考にYouTube動画をご覧ください
ホットヨガスタジオでのレッスン動画

 

魅力的なボディ作りなら
女性のボディメイクのジム選び